Career education
キャリア教育

急速に進むグローバル化、産業構造の変革を背景に、知識・技能だけでなく、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性を重視した大学入試が始まろうとしています。広島国際学院中学校では、こうした変化に対応するために、中高一貫教育の利点を最大限に活かし、基礎学力の定着と豊富な体験学習を通して、大学入試改革が求める幅広い能力を育むことを目指し、生徒の希望進路の実現を全力でサポートしていきます。

中学校

“自分を深める学習”を通じて、自分自身について考え、将来への展望を描きます。

学習習慣の定着とコミュニケーション能力の向上
自己理解と社会との関わりを考える
働くことの意義と職業理解

大学訪問 (中学1年~中学3年)

医療・農学・理工・言語などを専門的に学ぶ大学を訪問します。
学校でのさまざまな体験や自分の興味関心が、社会とどのように関わっているのか実感できます。

学力推移調査(中学1年~中学3年)

全国学力推移調査は、大学進学を目指す中高一貫校の生徒を対象としたテストです。
さまざまな観点から学力の実態を多面的に把握することができます。

職業研究 (中学2年~中学3年)

興味のある職業や働くことについて、資料調べや身近な社会人へのインタビューを行い、
その後、学んだことや自分の将来への思いなどをまとめ、クラスで発表します。

研修旅行 (中学3年)

東京を訪れ、都内の大学や官公庁や企業を訪問し、将来の進路選択の視野を広げます。
本校での学びが自分の将来に、どのように結びつくかを考える契機になります。

高等学校

大学入試に向けた学習指導を中心に、キャリアデザインの観点に立ち生徒自らが主体的に考えます。

自己理解の深化と進路観の育成(文理選択)
進路目標の明確化と具体的な取り組み
進路実現に向け、自己の可能性に挑戦する

高大連携講座

大学の先生を招き、大学での実際の講義を体験します。
最先端の知の世界に触れることで、生徒の学問に対する興味・関心を喚起していきます。

勉強合宿

自立した学習習慣を確立することを目標に、毎年夏期休暇中に勉強合宿を実施します。
落ち着いた環境の中で、集中して学習に取り組むことができます。

進路講演会

専門の講師を招いて、最新の入試情報や学習方法、受験に向かう心構えなどについて講演会を実施します。

学校と家庭学習で十分な学力を培う教育環境

大学入試に向けた学習指導を中心に、キャリアデザインの観点に立ち生徒自らが主体的に考えます。

サークル型授業

サークル型授業

問題を発見し、その解決方法を仲間とのやり取りを通して考案し、発信することで生徒が互いに成長するという一連の学びを随所に取り入れた授業です。新テストで問われる思考力・判断力・表現力を徹底的に鍛えます。

オンライン英会話

オンライン英会話

PCやタブレットを用いて海外のネイティブスピーカーと1対1で英会話を行います。生徒1人に講師が1人つくため、必ず話さなければならない環境が生まれ、最も苦手と言われている「話す力」が身につきます。

CLIL(内容言語統合型学習)

CLIL(内容言語統合型学習)

「覚える英語」から「考える英語」へと変わる学習指導要領に対応し、深い思考力と高いコミュニケーション能力を養成するCLILを導入します。従来は日本語で学習していた科目を、英語で学び、各科目の内容と英語を同時に修得していきます。

e-ラーニング

e-ラーニング

Classiを使い、授業前に動画・テスト・問題などを配信します。暗記ではなく理解を促す授業で得意教科を伸ばし、苦手教科を克服していきます。また、配付資料や模試結果などの情報を家庭と共有するなど、コミュニケーションの充実も図ります。

1人1台のタブレット

1人1台のタブレット

授業における調べ学習やプレゼンテーションに活用することを目的として、生徒全員にタブレット端末を導入します。情報活用スキルはもちろん、メディアリテラシーの向上も目指します。

習得目標型授業

習得目標型授業

本校の授業は「導入」、「展開」、「まとめ」から成り立っており、「導入」で習得目標を明示、「展開」で演習、「まとめ」のチェックテストで習得目標の定着を測ります。生徒は毎時間、習得すべき目標を認識した上で授業に臨みます。

検定対策

新大学入試制度では、英語検定など民間検定試験の資格が必須となります。校内会場で受検できるGTECや英語検定、ネイティブ教員による模擬面接など、生徒一人ひとりの目標に合わせたきめ細やかなサポートを行います。

学年単位で見守る担任・副担任

1学年定員80名の少人数編成のため、学年単位で生徒に関わっていきます。各クラスの担任は配置されますが、全クラスの担任と副担任が密に連携し合って生徒全員を見守っていきます。